国防動員法に基づき退役軍人招集~南シナ海問題

国防動員法に基づき、退役軍人呼び戻し

 

レコードチャイナ

中国海軍が退役軍人に招集令、南シナ海で戦争準備か―米華字メディア

2016年7月11日、米華字メディアの多維新聞によると、南シナ海の領有権をめぐる国際仲裁裁判の判決を12日に控え、南シナ海の係争海域で軍事演習を行っている中国海軍がこのほど、「国防法」の規定に基づき一部の退役軍人を部隊に呼び戻していると伝えられている。

 

退役軍人まで呼び戻しているということで、いよいよアップをはじめていますね。

こうなると日本にいる在日中国人の動きも要監視ですね。

国防動員法に基づき退役軍人も招集されていますから、在日中国人にもなんらかのアクションがあったとみてもおかしくはないです。

もちろん共産党や親中派議員には、鞭が入りまくっています。

市民が監視していなければ、公安だけでは足りません。

国防動員法が発令されれば、在日中国人は便衣兵に早変わりします。

dtetr65uut

元記事

备战南海 中国海军召回退役军人释信号

Google先生の翻訳

ソースは、中国の「国防動員法」に基づいて軍への復帰を意味し、戦闘即応性の必要性と、軍はこれまでに退役軍人を提供して呼び出すことができます。特に海軍、陸軍およびその他の高度な技術のロケットアームは、退役軍人は、強度の準備の重要な源です。

発行の同じ日に、中国海軍が海南島、南シナ海、東シナ海への西沙近い海域で実弾射撃演習を実施し、北海艦隊は、赤と青の党、攻撃と守備の戦闘訓練に分かれています。

海軍司令呉勝利、統合幕僚の王冠で中央軍事委員会の副主任は、海軍政治委員ミャオ族華は、王は、運動は敏感なタイミング、成都南部戦域司令官は、個人的にパフォーマンスガイダンスに表示される教えが、中国と南の仲裁例は量刑に関連していることを否定しました唯一のことを強調し、「ルーチンの年次研修活動。」

しばらくの周りに7月11日23時00分で、「解放軍日報」の公式マイクロブログ「軍の新聞記者@、「これは最近引退した海軍兵士がタスクの手紙を実行するためにコールバックされたインターネット上の循環」と言って、回答しなければならなかった。それは、ことが報告され、中国によれば前の年の法律、民兵と予備兵毎年、通常のトレーニング。海軍の演習は、彼らが熟練した船の操作と機器の後、短いトレーニングキャンプの後にポストに戻り、兵士を引退特に参加する下士官を引退していた。「戦争は、教会が戻ってくる場合は!「それは私たちの復員退役軍人の多くの一般的な吸引です。」

frn1302141531002-n1

余命ブログが何度も何度も呼びかけてきたように、国防動員法により在日中国人は便衣兵となります。

街は中国人だらけです。

 

警戒せよ

 

坂東先生の呼びかけもあります。

中国側報道から見える尖閣奪取の手口

~中略

先日の日本領海内の軍艦通過に関しては、自国の領海侵犯を完全に棚に上げた上で、日本側の対応から「形成が逆転し、日本側は中国の軍艦領海入りを黙認した」なんて言っています↓

【形势变了 日本默认中国钓鱼岛执法】
http://www.wforum.com/news/china/2016/05/01/183205.html

これ、どういうことかわかりますか?

それは

1「日本側ではこう伝えている」という前提で報じることにより、実際に自国が行っている領海侵犯の事実をウヤムヤにし、

2 「領海侵犯報道は日本政府や日本メディアによる世界への情報操作である」ことを世界と人民に印象づけて

3 「黙認に従い、艦船の平和な通過をしていただけ」なのに

4 交戦し被害が出た場合「日本がこちらのエリアに侵入し攻撃を仕掛けてきた」と世界に訴える

・・・ためです。

 

ほうう。つまり日本人がこちらを挑発している、日本がやっている、日本が悪いと言いたいわけですね。

そして人民解放軍は上官の命令に絶対服従はしないんだそうです。

そして日本では報道されていない事実として、軍内で幹部が対立してけんかになると、

勝手に装甲車や戦車まで持ち出して殺し合いをしているそうです。

統制がきちんととれていないということです。

 

戦争をおっぱじめるのは、末端兵士です。

これは政治外交ではどうしようもないお話で、兵士同士が向き合ったら現場を知る現職自衛隊幹部を交えて方針を決める段階です。

 

偏向報道ですらない、隠蔽

 

報道はどうなっているのでしょうか。

産経と朝日のトップ画面を見比べてみてください。

産経

dte5r758

南シナ海がトップにきていて、他に3記事がピックアップされています。

朝日

ayd678rt

トップは参院選のことで、南シナ海問題は下のほうに一つだけ。

記事の中味もひどいです。

いくつも記事をあげ、何ページもつかっている産経の報道に比べ

ateyr6r

これっぽっちしか報道していない。↓

「南シナ海問題、介入やめるよう望む」中国、日本を批判

岸田文雄外相が12日、南シナ海の領有権をめぐる常設仲裁裁判所の判決について「紛争当事国を法的に拘束し、当事国は今回の判断に従う必要がある」との談話を出したことを受け、中国外務省の陸慷報道局長は同日夜、「日本は中日関係と地域の平和と安定の大局から出発し、南シナ海問題に介入し騒ぎ立てるをやめるよう望む」と日本を批判するコメントを出した。

岸田外相「仲裁裁判所の判断に拘束力」 南シナ海問題
 陸氏は「裁判所の構成は国際海洋法裁判所の元所長で日本人の柳井俊二氏が仕切っている」と指摘。さらに、柳井氏は安倍晋三首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)の座長を務めているとし、「仲裁裁判所は政治化していたことが見て取れる。同裁判所は合法性がない」と主張した。

arwye64i

 

ふざけてるのか!

国際カテゴリーでだしてもこの一つしか記事がないですよ。

もう偏向報道ではなく、完全に隠蔽ですね。

中国側に加担しているととってもいいのではないですかね。

テレビも大きく取り上げてはいませんね。

 

 

高野氏Twitter

q5et46rutu

『かばう』日本や米国、EUが事件を起こすと気が狂った様に大騒ぎするメディア。中国や南北朝鮮さらにISなどのテロ事件が起きるとサラッと触れる程度。民進党や共産党も同様で、特に近隣国事件にはスル―だ。テロ集団であるISや南シナ海判決を積極的に批判しないのはブーメラン返しが恐いからだ。

高野氏のTwitterはぜひフォローされるといいと思います。

おすすめです。

 

 

中国や半島のことになると、かばいまくり、隠蔽する。

ブーメラン返しが怖いと言うのは、お仲間の証拠ですね。

鳥越のことは大々的に持ち上げて報道していますけどね。

ほんとにゴミ虫ども。

河野統合幕僚長はすでに中国に対し、警告をしていますから。

“警告” 「中国艦、領海侵入なら相応の対応」

 

反日ごみが震え上がる、河野幕僚長の凛々しいお姿

3tr64hti

出典・防衛省統合幕僚監部

 

 

おすすめ記事

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。