中国船来襲

中国船230隻漁船になりすまして襲来

 

産経新聞から

中国、尖閣周辺の航行を正当化 尖閣は「固有の領土」

中国外務省の華春瑩報道官は6日、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域を中国海警局の公船や多数の漁船が航行したことについて「釣魚島(尖閣の中国名)は中国固有の領土だ。中国は付近の海域に争う余地のない主権を有している」と正当化するコメントを発表した。

こうやって少しずつ突いてきて、気がついたら尖閣がとられているという。

領海内侵入してきて、自分の領土だと主張していますから、宣戦布告です。

また放っておいてますけど。

こうやって何回も繰り返して、常態化させる、これ狙ってますよ。

そして当たり前のように尖閣にも上陸しますね。

北朝鮮もミサイル2発、予告なしで日本の領海にぶち込んできています。

政府が自衛権を発動するのも時間の問題となってきました。

こんな国家の緊急事態を、なるべく報道しないようにしているメディア。

オリンピックと重なってますからね。

うまいこと逃げてますね。

 

この中国海警船、主砲が搭載されています。

zrs45e64gtrh

武装していますね、完全に。

今朝もきてます。

そして外務省の発表は、

1 本6日午前8時5分頃,我が国尖閣諸島周辺の接続水域において中国海警船舶6隻(そのうち外観上武器を搭載している船舶は3隻)及びその周辺に中国漁船約230隻を確認しました。

2 これを受け,同日午前11時45分頃,アジア大洋州局長が在京中国大使館公使に対し,当該公船が直ちに接続水域から立ち去ること及び我が国領海に決して入らないことを強く求めるとともに,公船による尖閣諸島周辺での活動は現場の緊張を更に高める一方的な情勢のエスカレーションであり,我が国としてかかる状況は決して受け入れられない旨強く抗議しました。

 

 

インドネシアとかベトナムは撃沈しましたよ。

それ以来中国はいかなくなってますけども。

日本側はなにか思惑があってのこの対応でしょうか。

撃沈しても戦争にはならないことが証明されています。

あっわざとか。

この緊張状態を続けて、中国側の暴発待ちでしょうか。

 

支那は、漁船のなりすましと海警船という体で、侵略行為を行ってきていますが

これを「キャベツ戦略」とよぶのだそうです。

 

http://markethack.net/archives/52017585.html

中国の沿海には数十万にものぼる民間漁船が操業している。中国はその一部を民兵(militia=武装民間人)化している。民兵化された漁船には軽兵器や簡単な監視装置が持ち込まれ、号令が掛けられたら、それに応じられる準備がある。

民兵化漁船には、沿岸警備隊より目立たないという利点がある。それらを活用することで、取り巻きの支配(ambient control)を確立することができる。民兵化漁船の正確な数は把握できない。

民兵の活用は、古来より行われてきた手法である。その存在により、正規軍が効果的に動ける、諜報活動ができる、などの利点がある。また中国本土では、かつて「骨までしゃぶる(bleed an invader dry)」作戦のために民兵が活用された歴史がある。

現在、中国の軍事予算の3%程度が、そのような民兵組織の育成・維持に割かれている。

もともと中国の民兵化漁船は、中国の沿岸を台湾の国民党の攻撃から守る目的で、1950年代に登場した。

中国が南シナ海の領土主張をはじめたのは1970年代だが、その際、民兵化漁船も参加、バラセル諸島を南ベトナムから奪取した。

漁師たちからすれば、自分たちの安全や生活権の「自衛」のため行動しているわけだ。

民兵化漁船は、これまでにスプラトリー諸島、パラセル諸島、スカーボロー礁で衝突事件を起こしている。

海軍の艦船を芯として、その周りに何層もの民兵漁船団や民間の漁船で護り、効率的な監視、諜報網を構築する手法を中国では「キャベツ戦略」と呼んでいる。

 

漁船は盾ということですね。

いかにも中国らしい、卑怯な作戦ですね。

 

 

省庁メール

中国の脅威について、政府に意見したい方は、

信濃さんのブログで省庁メールがはじまっています。

声をとどけましょう。

有志m25-c01-s001号 自衛隊・海上警備行動の発令を支持します

省庁メールについて詳しくは、
【お知らせ】 有志省庁メールを始めます

自分の文章で、自分のいいたいことを書いてもいいし、例文で送ってもいいし、とにかく声を届けることが重要だと思います。

 

おすすめ記事

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。