聖徳太子抹消計画

歴史教育の見直し

 

教科書から聖徳太子の名前を消してしまおうという企てが進んでいるようです。

日本の文化や伝統、精神性などを破壊しつくそうという計画の一環ですね。

本当に細かいところに入り込んできています、危険です。

 

産経新聞2017.2.23 12:00

周到な「聖徳太子抹殺計画」 次期指導要領案は看過できない 拓殖大学客員教授・藤岡信勝

≪国民に「厩戸王」の定着を狙う≫  

文部科学省は2月14日、次期学習指導要領の改訂案を公表した。

その中に、国民として決して看過できない問題がある。

日本史上重要な人物で、日本国家自立の精神的よりどころとなった聖徳太子の名を歴史教育から抹殺し、「厩戸王(うまやどのおう)」という呼称に置き換える案が含まれているのである。  

聖徳太子(574~622)は、冠位十二階と十七条憲法によって国家の仕組みを整備し、天皇を中心とする国づくりへ前進させた指導者だった。

中国大陸との外交では、「日出づる処(ところ)の天子、書を日没する処の天子に致す」という文言で知られる自立外交を展開し、日本が支那の皇帝に服属する華夷秩序に組み込まれるのではなく、独立した国家として発展する理念を示した。  

こうして聖徳太子はその後1世紀にわたる日本の古代国家建設の大きな方向付けをした。  

そこで当然のことながら、現行の学習指導要領(平成20年)では「聖徳太子の政治」を学習すべき一項目として設け、日本の古代律令国家確立の出発点に位置づける次のような指示が書かれている。

【「律令国家の確立に至るまでの過程」については、『聖徳太子』の政治、大化の改新から律令国家の確立に至るまでの過程を、小学校での学習内容を活用して大きくとらえさせるようにすること】(中学社会歴史的分野「内容の取扱い」の項。二重カギは引用者)  

この一文は改訂案でもそのまま踏襲されているのだが、ただ1カ所、右の「聖徳太子」が「厩戸王(聖徳太子)」に突如として置き換えられたのである。  

括弧を使ったこの書き方の意味するところは、「厩戸王」が正式な歴史用語であるが、すぐには誰のことかわからない者もいるので、それは一般には聖徳太子と呼ばれてきた人物のことだ、と注記をしたというものである。  

ということは、新学習指導要領とそれに基づく歴史教科書によって「厩戸王」が国民の間に定着すれば、次期改訂ではこの注記は無くしてしまえるということになる。

≪反日左翼に利用される珍説≫  改訂案は、小学校ではこの表記の前後を入れ替えて「聖徳太子(厩戸王)」と教えることにするという。

学校段階に応じて「厩戸王」という呼称に順次慣れさせ、「聖徳太子」の呼称をフェイド・アウトさせる。周到な「聖徳太子抹殺計画」といえるだろう。

なぜこんなことになったのか。その根拠は、今から20年近く前に、日本史学界の一部で唱えられた「聖徳太子虚構説」と呼ばれる学説だ。

その説は「王族の一人として厩戸王という人物が実在したことは確かであるが」「『日本書紀』や法隆寺の史料は、厩戸王(聖徳太子)の死後一世紀ものちの奈良時代に作られたものである。

それ故、〈聖徳太子〉は架空の人物である」(大山誠一『〈聖徳太子〉の誕生』平成11年)と主張する。  しかし、この説には根拠が乏しい。「聖徳太子」は100年以上たってから使われた称号だが、核となる「聖徳」という美称は、『日本書紀』以前に出現しているからだ。この学説が公表されたあとも、「聖徳太子」の名を冠した書物はたくさん出版されている。  

戦後の日本史学界では、さまざまな奇説・珍説が登場した。騎馬民族征服王朝説、大化改新否定論、三王朝交替説などが典型例である。

それらはしばらくもてはやされても、やがてうたかたのように消え去った。「聖徳太子虚構説」もそのような一過性の話題として消え去る運命にあった。  

ところが、事情は不明だが文科省は、この珍説が歴史学界の通説であるととらえてしまったようだ。この説は日本国家を否定する反日左翼の運動に利用されているのであり、その触手が中央教育行政にまで及んだ結果である。

≪日本を精神的に解体させるのか≫  死後付けられたということを理由にその呼称が使えないとすれば、歴代の天皇はすべて諡号(しごう)(没後のおくり名)であるから、いちいち、大和言葉の長い名称を書かなければならず、歴史教育の用語体系は大混乱となる。

そもそも歴史教育は歴史学のコピーではない。

歴史教育には国民の歴史意識を育てる独自の役目がある。  

聖徳太子抹殺の影響は古代史のみにとどまらない。

明治以降発行された紙幣の人物像として最も多く登場したのは聖徳太子である。

このことが象徴するように、聖徳太子は日本人の精神の支えとなる人物だったのだ。  

聖徳太子の抹殺は日本国家を精神的に解体させる重大な一歩である。

「日本を取り戻す」ことを掲げて誕生した安倍晋三政権のもとで見逃されてよいはずがない。  だが、まだ間に合う。文科省は学習指導要領の改訂案について、3月15日まで国民の意見をパブリック・コメントとして募集している。

「聖徳太子の呼称を厩戸王に変えるな」という明確なメッセージを文科省に届けて、日本の歴史教育を救わねばならない。(拓殖大学客員教授・藤岡信勝 ふじおかのぶかつ)

 

文化省のページにいってもなかなか探せませんでした。

電子政府の総合窓口というところにありました。

http://www.e-gov.go.jp/

問題の部分を抜粋します。

パブリックコメント:意見募集中案件詳細
中学校学習指導要領案

(1)のアの(ウ)の「律令国家の確立に至
るまでの過程」については, 厩 戸王( 聖 徳太子)の政治,大化の改新
から律 令 国家の確立に至るまでの過程を,小学校での学習内容を活用
して大きく捉えさせるようにすること。

ありました。

厩 戸王( 聖 徳太子)

となっています。

 

聖徳太子

 

聖徳太子(574~622)の系図

天皇にはなっていないんですね。

19才のときからずっと推古天皇の摂政として活躍しています。

聖徳太子の功績として有名なのは、

「冠位十二階の制定」

「憲法十七条の制定」

「国史編纂」

「遣隋使の派遣」

「仏教興隆(三経義疏、法隆寺・四天王寺の建立)」

この聖徳太子の功績を徹底的に否定する、朝日デジタルの記事。

本当にいたの? 聖徳太子

 

ここにでてくる大山説とは、歴史学者の大山誠一の説です。

これは東大出の左翼学者のトンデモだとわたしは思っています。

なんでもかんでも馬子の功績にしていますし。

もちろん聖徳太子の功績は蘇我氏あってのことであるし、それは否定できません。

この説やその他の説のおかげで、我々は聖徳太子はいなかったと洗脳され続け、聖徳太子という言葉も間違っていると思い込むようになっています。

欠史八代についても、左翼学者がいないということにしてしまい、日本国中信じていました。

ところが埼玉の稲荷山古墳から天皇の皇子の名前が彫られた鉄剣がでました。

これにより欠史八代は根底から崩れます。

飛鳥時代、蘇我氏と物部氏の争いがあり、仏教が日本に根付きました。

斑鳩の里に聖徳太子が住んだ斑鳩宮は確かにありました。

聖徳太子没後、上宮王家は蘇我入鹿により滅亡させられます。

そしてその蘇我入鹿は中大兄皇子と中臣鎌足により殺されます。

この辺の時代はとてもドラマチックですね。

NHKで聖徳太子のドラマがありました。

モッくんが聖徳太子の役でした。

その時代のことはほとんど知りませんでしたので、面白かったです。

 

和を以て貴しとなす

この精神はずっと受け継がれています。

こういったものを壊したいという企みは、潰していかないといけないと思います。

 

パブリックコメントは3月15日までだそうです。

ご意見がある方は送ってください。

書式通りでないと受け付けないそうなので、ご注意ください。

パブリックコメントの提出方法

 

おすすめ記事

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。