聖徳太子は消えません

聖徳太子、表記を変えず

朗報です。 皆様のパブリックコメントが勝利しました。

文部科学省が教科書の表記を変える改定案で、聖徳太子という呼称を抹消しようとしていました。

2月23日の記事

聖徳太子抹消計画

聖徳太子や鎖国という言葉は残されることになりました。

日本の歴史を変えよう、消そう、捻じ曲げようとする動きがずっとありますね。

これからはこういうこともできなくなっていくでしょう。

反日パヨクは特にお祭りを廃止する、神社の縁起を書き換えるなどをやっています。

それから郷土史を捨てちゃうってやつね。

ツタヤ図書館、ラーメン本購入し郷土資料を大量廃棄、小説『手紙』が「手紙の書き方」棚

郷土資料を捨てるっていうのは、日本人じゃあないね。

それから、余命79号のぼした祭りの件。

高麗神社や吉備神社の件。

この辺は完全に朝鮮人の仕業です。

 

桃太郎も悪者にしようとしていた

 

これ有田ヨシフがツイートしていたものです。

桃太郎の歌詞は日本人の残虐性を現しているとした、有田のふざけんなツイートです。

彼らにとっては、日本人の子供のヒーローである桃太郎は、悪者でなければならないのです。

吉備津神社の縁起捏造事件を覚えていますか?

もともと吉備津神社に伝えられているお話し。

異国の鬼神が吉備国にやって来た,彼は百済の王子で名を温羅(うら)という。
彼はやがて備中国の新山(にいやま)に居城を構え,しばしば西国から都へ送る物資を奪ったり,
婦女子を掠奪したので,人々は恐れおののいて「鬼ノ城」と呼び,都へ行ってその暴状を訴えた・・・」。

ところがアド街の番組や各サイトなどでは、違うお話に変わっています。

温羅は悪鬼か? それとも吉備の救世主か?「吉備津彦神社」【岡山】

あれれ、鬼がヒーローっぽく変わってる。

そして2chへ投稿された驚愕の履歴

 

147. 名も無き哲学者
2014年01月29日 01:44

1978年以降? 『岡山の桃太郎伝説』から『吉備津彦命の温羅退治伝説』が発生。
        ※温羅が誕生。
        ※この時点の温羅の設定は「腕力は人並みはずれて強く、性格は荒々しく凶悪」
        ※温羅の「人食い」設定が弱められる。
        ※桃太郎のお供、犬・猿・雉を伝説からリストラ。
       賊退治に協力した武将が祀られている「鯉喰神社」の乗っ取りを画策。
        ※温羅が逃亡の際に鯉に変身したという話を創作。
        ※吉備津彦命が温羅を追って鵜に変身したという話を創作。
       「矢喰天神社」の乗っ取りを画策。
        ※吉備津彦命の矢を落とすために温羅が投げた岩の落ちた場所という話を創作。
        ※「温羅」のことなんて県民はまったく知らない。

1979年    「日中文化交流協定」に調印し、政府借款の供与を約束。

1980年    「吉備津彦神社(旧国幣小社)岡山市一宮1043」、火災。
        ※資料の焼失。
1981年    岡山県神社庁が『岡山県神社誌』昭和56年刊行。

1981年以前  「矢喰天神社」(旧村社)岡山市高塚108、乗っ取り完了。
        ※神道指令のどさくさにまぎれて縁起が書き換えられる。

       「艮御崎神社」(旧村社)岡山市辛川160、乗っ取り完了。
        ※神道指令にまぎれて縁起が書き換えられた上、主祭神:温羅和魂に変更。
        ※○御崎系の神社のルーツは、島根県出雲市の日御碕神社で
         主祭神となるのは、古事記の中盤に登場する神様(スサノヲなど)限定。
        ※外国人アピールの激しい、しかも鬼が祀られるような神社ではない。

少しずつ変えられていってるのよ。

火災が起きて資料が消失しているって、怖いですよね・・・

桃太郎(日本人)は悪、

鬼(朝鮮人)は正義、滅ぼされてかわいそう

この構図に持っていきたいわけです。

 

おすすめ記事

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。