原子力空母カールビンソンは金正恩を守る

パヨクから見た半島問題

 

誰とはいいません。

とあるパヨクの方から見た半島問題はこんな感じということです。

朝鮮半島統一の前提となる「米国と北朝鮮の国交正常化・国交樹立・平和友好条約締結」実現に向けて、習近平国家主席が北朝鮮問題解決に全力を上げること促すため、原子力空母「カールビンソン」を擁する戦闘部隊「第1空母打撃群」(北朝鮮に対する攻撃は、厳に禁じられている)を派遣して、北朝鮮を守ろうとしている。

カールビンソンは、北朝鮮を守るために向かっているんですね。

知らなかったわー。

そして習近平国家主席がこの半島問題を解決するべく、頑張っているんですね。

トランプと金正恩が熱い握手を交わし、その傍らで笑みを浮かべてうなづきながら見ている習近平の姿が浮かんできますね、皆さん。

米中会談では途中でシリアの空爆などもあり、トランプ大統領と習近平の緊張した雰囲気が伺えます。

共同記者会見がなかったことが、全てを物語っていると思います。

それでも習近平国家主席は北朝鮮問題の解決に心を砕いているのでしょう、米朝が話し合いをしてくださいと、申し入れをしているようです。

トランプは話し合いの時は過ぎたと、一蹴しているようですが。

 

金正恩を守るために、朝鮮半島近海に向かう原子力空母カールビンソンの勇姿。

 

これやはり潜水艦が下にくっついているようです。

トランプ大統領は「非常に強力な艦隊を送った。空母よりも強力な潜水艦も持っている」

と発言して、万全の態勢で金正恩第一書記を守るようです。

 

日本は北朝鮮支援国家

 

 

産経新聞2017.4.12 07:22 【北ミサイル】

日本、北制裁履行できず 国連決議、法整備に遅れ リスト外規制品押収に壁
核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対する国際圧力が強まる中、日本政府が、国連安全保障理事会による対北朝鮮制裁決議をまともに履行できていないことが11日、分かった。対北朝鮮制裁関連法が、次々に採択される国連決議に追いついていないからだ。日本は制裁決議の旗振り役を務めてきただけに、現状のまま放置すれば「日本の対応は国連決議違反だ」と国際的な批判を浴びかねない。
 
 国連安保理は、北朝鮮の核実験や弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮への「ヒト・モノ・カネ」の流れを絶つことを目指し、平成18(2006)年以降、6つの制裁決議を採択した。その度に規制品リストを明記し、加盟国に検査・押収を義務づけた。
 
 25(2013)年以降は、北朝鮮が市販の電子部品や機械部品などを核・ミサイル開発に転用している実態を踏まえ、リストに入っていなくても加盟国が「非合法目的」と判断すれば「いかなる品目」であっても、輸出入はもとより移転も阻止するよう対象を拡大した。昨年の決議では、これらの移転阻止を加盟国に義務づけた。にもかかわらず、日本では、リストに入っていない品目を独自判断で押収できる仕組みは整っていない。制裁対象である規制品の検査・押収を可能にする貨物検査特別措置法(平成22年施行)の大幅改正が必要となるからだ。
 
24年8月には、北朝鮮が輸出品を積んだ貨物船が大井埠頭(ふとう)に寄港した際、東京税関がコンテナ2台を検査したが、押収できたのは、リストに該当したアルミニウム合金棒5本だけだった。
 
 一方、北朝鮮は、中国など第三国で調達した非合法物資を自国を経由せずシリアなど他国に輸送していることも明らかになった。これを受け、国連安保理は、北朝鮮発着の貨物以外でも「制裁違反になり得る」と判断すれば、寄港した貨物の押収を加盟国に義務づけた。
 
 ところが、日本の貨物検査特措法は押収対象を北朝鮮発着の貨物に限定する。決議を完全履行するには新たな法整備が必要となるが、遅々として進んでいない。

 

実質的に、北朝鮮とは人も金も行き来し放題の状態だということですね。

いまだに朝鮮学校への補助金はだしていますし、生活保護も与えています。

北朝鮮を制裁しましょうと声をあげておいて、実質ザルの状態で逆に支援をしている状態だというお粗末さ。

米国で北朝鮮がテロ支援国家指定されれば、このままというわけにはいかなくなります。

日本でもテロ指定して、「人・物・金」の流通を止めなければなりません。

 

Amazonはヘイトレビューをやめろと影書房

 

Amazonがヘイトレビューを掲載している?

影書房‏ @kageshobo 2016年4月11日

 カスタマーレビューを「Amazonで購入のみ」で絞り込むと、ヘイト・レビューの書き手はきれいに除外される。つまりそいつらはアマゾンでは買わずにヘイトを書き込んでるだけ。ツイッターと同じで別アカも作れる。いたちごっこだ。裁判のハードルが高い以上、アマゾンの姿勢が問われている。

影書房‏ @kageshobo 2016年4月11日

 ヘイトレビューの削除要請を始めた当初、レビュー欄を毎日チェックしていた。「レビューガイドライン」や「コミュニティー参加規約」に明らかに抵触するレビューを「違反を報告」の機能で通知、各レビュー欄にあるコメント欄で反論を書くなど、共に闘ってくださった方も多かった。

 影書房‏ @kageshobo 2016年4月11日

こちらが削除すべきとした通知したレビューが、(おそらくアマゾン側の判断で)削除された例も数件あった。しかししばらくすると、全く同じヘイトレビューが再掲載される。アマゾンにとっても、ネトウヨのしつこさにはお手上げなんだろうが、だからこそ思い切った措置が必要。

 影書房‏ @kageshobo 2016年4月11日

差別扇動、名誉棄損、侮辱を禁止する明確で詳細な規定を社内で設ける。警告してもそれを繰り返す手合いのアカウントは閉鎖する。それぐらいの対応は、ツイッターでもフェイスブックでもすでになされている。楽天ブックスは楽天で買った人しかレビューを書けない仕組みになっている。

影書房‏ @kageshobo 2016年4月11日

 レイシストのアカウントを閉鎖することで、アマゾンがどれほどの損害を被るのか定かではないが、ネトウヨはほとんど本は読まないらしいから、多分微々たるものだろう。むしろ現在のアマゾンの「反社会性」を忌避して敬遠している良識派の方が多いのではないか。

 いままさに国会でヘイトスピーチを封じ込めるための法案が与野党で審議されている。 世界最大級と言われるネット通販サイトが果たすべき社会的責任の重さを自覚してほしい。

———————◇———————

このように必死に訴えていますが。

どうもこれを怒っているらしい。

Amazonレビュー

確かにAmazonのレビューの削除基準が、とてもおかしいことは認めます。

だがこれはそれ以前の問題だと思います。

おそらく著者への日本人への怒りや嫌悪がものすごいのだろう。

★一つがこんなに多い本も珍しい。

 

おすすめ記事

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。