Currently browsing category

日韓戦争, Page 2

日韓戦争と新大久保嫌韓デモ

日韓戦争と新大久保嫌韓デモ 参院選で元国家公安委員長岡崎トミ子が落選した。下馬評では自民、民主で鉄板だったそうだがネットに負けた。岡崎の政治活動を知れば投票する日本人はいないだろう。その反日活動がネットにさらされた時点で …

日韓開戦は2016年竹島が舞台

小生、前回ブログで韓国政府のどたばたを記述したが、その舞台裏が韓国筋から伝わってきた。我々、一般日本人からは想像もつかない感覚が明確に読み取れる。彼ら韓国人にとって竹島は国を賭して戦う場なのだ。韓国語サイトであったので情 …

日韓戦争を考察する⑥戦争の後始末とその後

日韓戦争を考察する⑥戦争の後始末とその後 国益の衝突が戦争である。日韓戦争はどちらにより大きな国益をもたらすのだろう。これはこの5回の考察の中で繰り返し述べてきたが韓国とってプラスになるものはまったくない。まず韓国大統領 …

日韓戦争を考察する⑤戦争の見通し

日韓戦争を考察する⑤戦争の見通し 前回までの考察で明らかなように、結論は「日韓戦争はあり得ない」である。ただここの項は日韓戦争勃発を前提としているので、再度、そのあり得ぬ理由を記述し、あり得ぬ戦争の見通しを考察していくこ …

日韓戦争を考察する④韓国の態勢

日韓戦争を考察する④韓国の態勢 どこの国にも国家戦略がある。韓国の場合、この基軸となるのは日本との関係だ。アメリカでもなく中国でもない。アメリカがいなくても日本と友好関係にあれば国は成り立つ。中国と敵対関係にあっても日本 …

日韓戦争を考察する③日本の態勢

日韓戦争を考察する③日本の態勢 日韓戦争もし勃発となれば発端は間違いなく竹島問題である。韓国では、「独島は我が領土。領土は国の存立に関わる問題である。この問題はいかなることがあろうとも妥協はできない。たとえ武力紛争になり …

日韓戦争を考察する②現状と戦後史(その2)

日韓戦争を考察する②現状と戦後史(その2) まったく異なるニュースソースの同じ情報は多ければ多いほど限りなく真実、史実に近い。 ここの項は、前回記述の古老と、小生の母、複数のホームページに共通する史実を如実に物語るものと …

日韓戦争を考察する②現状と戦後史(その1)

日韓戦争を考察する②現状と戦後史(その1) 70年も人間やっているといろいろと人のつながり、組織のつながりができる。多芸多才といえば聞こえはいいが、実は何でも好きなだけで、何をやってもダメ。何もできないから会長でもやって …

日韓戦争を考察する

日韓戦争を考察する 日韓関係がだいぶ怪しくなってきた。常識的にはあり得ない戦争だがなにしろ相手が火病ときては何があってもおかしくない。何回かに分けてテーマ別に考察したい。 ①背景 ②現状 ③日本の態勢 ④韓国の態勢 ⑤戦 …