Currently browsing category

余命3年時事日記, Page 158

日本人の民度と国家間の優劣を考察してみた

日本人の民度と国家間の優劣を考察してみた 民度の定義。まあ国や人々相互の関係において人間として持つ常識とマナーを実践している度合いというところか。 この度合いの評価は、他国、他人によるものが一番客観的で正確であろう。その …

アメリカが世界で一番警戒しているのは日本だ5

このようながんじがらめの状況では核武装などできるわけがない。ところが専門家の見方は違う。日本には政権に関係なく一貫した戦略があるという。核武装に関するハードルは高い。それを乗り越えるために日本は慎重に時間をかけて準備をし …

アメリカが世界で一番警戒しているのは日本だ

アメリカが世界で一番警戒しているのは日本だ  世界中をざっと見渡してアメリカがその動向を警戒している国はどこだろうか。ロシアか中国かイランかアフガニスタンか北朝鮮か?結論からいえばそのどの国でもない。なんと日本である。冷 …

余命三年と宣告されて②

ここ5年で5人の親友が亡くなった。そのうち3人は癌だった。皆、ヘビースモーカー、お酒大好き人間だったので、約70年そんな人生を過ごしてきたツケだといわれてしまえばそれまでだが、30年来のつきあいだっただけにとても寂しく残 …

余命三年と宣告されて

余命3年と宣告されて1年が過ぎた。ほぼ同時期に同様の病に倒れた友人3名は闘病むなしく余命3年を全うできずに世を去った。小生も残る時間はいくらもないと思うが約70年の人生経験を一人でも多くの次世代に伝えるべく我が一族郎党3 …